So-net無料ブログ作成
検索選択

松下忠洋金融相 週刊新潮 内容

[スポンサードリンク]



松下忠洋金融相 週刊新潮 内容

松下忠洋金融相とある女性との関係が書かれた内容の週刊新潮が発売されるタイミングで亡くなられました。
ご家族、関係者の方にはお悔やみ申し上げます。

遺書があり自殺という報道をされていますが、本当に自殺なのか、週刊新潮に書かれた女性問題の内容が理由でご自分で亡くなられたという話ですが、政治家、大臣という精神力が必要な仕事をされていた松下忠洋金融相が女性問題によりこのような最後を選ぶものなのでしょうか。

松下忠洋金融相は今回の週刊新潮最新号9月13日号の内容だけでなく、当選当時に選挙区には女性問題が書かれたビラがばらまかれていたそうです。

そういった過去を乗り越えて金融相とした大臣の仕事もこなしていた松下忠洋議員が今回、このようなことになり悔やまれます。

地元の鹿児島でも評判がよく、金融相としての評判も震災以降の対応で良かったそうです。

それが、このような残念なことになり、ネット上では自殺ではなかったかもしれないという説も書かれています。

その説では人権救済機関設置法案に松下忠洋金融相が反対していたことも理由にあげられています。

大臣が一人でも反対していたら閣議決定出来ないとのことで、この後、人権救済機関設置法案が通っていたら、松下忠洋金融相が自殺したのではないという説も信じたくなりますね。

ちなみに人権救済機関設置法案とはAさんが人権について訴えたら対応する役所で天下り先を増やしているのではないかとも言われていますが、今回の法案ではマスコミに対しての規制強化がされていないのでマスコミも報道していないですね。

前回のマスコミに対する規制が盛り込まれていた時はすごく報道していたのに。

松下忠洋金融相 週刊新潮 内容から起きたといわれる今回の痛ましいことは実際にどうなのでしょうか。



サプリメントダイエット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。